読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がパラティッシ

頭の中もパラダイス

クラシカルな人がジャズを弾く時によくあること

今日は近くの喫茶店でマンドリンのライブがあるらしく、毎年ピアノを習っている先生も出演という風のうわさが聞こえてきたため、顔を出してきた。
片田舎に住んでいるためかよく見るメンツがぽつぽつといるのである。

座った席が近くの街に住んでいるピアノの講師の方で、久しぶりにお会いしたこともあり、楽しくいろいろと話した中にジャズを弾くのが億劫で名演奏を採譜した譜面を覚えることがとっても億劫とのこと。

なるほどジャズは基本的にはシンプルな譜面にフィーリングで枝的な音を入れていく音楽なのだが
基本的には適当なのである。その適当さが演奏者の味となり魅了させるのだと思う。

しかし、それに対してクラシックは完璧主義。
真っ黒な譜面を一音も逃さずにすべて弾き切らなければいけない。

よく、クラシック出身だとジャズは苦手だという人がいるが、
音楽の基礎を作った時とは真逆のことをやらなければならないから、そう短期間には難しいのだろう。

くじけず回数を重ねて少しずつ自分のレパートリーを増やしていくしかなさそうですね。