毎日がパラティッシ

頭の中もパラダイス

自分というハードをもっと使い倒したい

客観的に見て人がアウトプットできないことにはアウトプットできない理由があり、インプットできないことには何かしらんの理由があるんですよね、当然だけど。

人の肉体をハード、心をソフトウェアと分類してみたうえで
心理学を勉強していると、日常を通して自他の中にある潜在意識・無意識(あくまで自分が下す解釈)まで考えて周りを見回してしまうことがたまにあるのですが、痛いほどこれを見せつけられる。
目に映る物事には何かしらの意味はあってそれを、自分の中にインプットするしないということは自分が無意識に決めていることなんですよ。
意味づけしているのは自分。

色々、ものを知っていた方が人生を楽しくすることはできるし、
他人に何かをしてあげるレパートリーが増えるので、できるだけ物の本質を理解したいと思うんですけど、無意識の中で自分が何に重きを置いているかでかわってくるために歯がゆい思いをすることが数多くありすぎます。
まぁ、それが明日の活力につながるんですけどね。

最近よく読んでいるBlogがあるのですが、
これを書いている筆者、医者らしいのですが自分が言葉に出せない感性をうまくアウトプットしており、とてもとてもとてもうらやましい。
とても頭良い方だと素直に思う。

しかも今年度31歳かよ、マジでうらやましくて仕方ないわ、ドラえもんの道具つかっても人生取り替えたくないけど。

でも、自分というハードをここまで使い倒すのって快感だと思う。
うむ、絶望。

takasuka-toki.hatenablog.com